シエンタ(ガソリン)の試乗動画を紹介しています。

シエンタの試乗動画(ガソリン)

シエンタガソリン)をレーシングドライバーの三浦健光さんがサーキットで試乗している動画を紹介します。

 

 

シエンタを試乗してみたいと思います。

 

シエンタの動きだしですけれども、新しいエンジン、アトキンソンサイクルのエンジンになってからは、所謂、エンジンのスムーズさと言うか、エンジンの中の抵抗の無さが凄く少ないですよね。

 

ですので、シエンタがスーッと動き出すというイメージはとっても強くなったというイメージです。

 

更にアクセルを徐々に踏んでいって加速していますが、その時のアクセルの踏み加減というか、踏んでいる量が凄く少ないです。

 

それでも今、50km/h、60km/hってスピードが上がっていっているので、エンジンが変わったっていうのは、燃費だけではなくて、僕の中では抵抗が少ないということです。

 

エンジンの中のスムーズさ、これがとっても良くなったなというイメージです。

 

 

この後はカーブが連続しているので、シエンタのステアリングフィールだったり、その時の安定感を見ていきましょう♪

 

シエンタは、僕の言葉で一言で言ってしまえば、スポーティーなんですね。

 

背が高いクルマにも関わらず、ハンドルを切ったことに対する接地感のインフォメーションが物凄く今、来ています。

 

更に大きなカーブに入って行きますけれども、僕の体の動きを見ていただいてもファーっと外に流れることがなく、しっかりと体がシートによってホールドされていますよね。

 

やはり、こういう印象が大事です。

 

 

では、シエンタの下り坂とかブレーキも確認してみましょう。

 

僕が今感じていることは、こういう場面でも静かですね。

 

風切音とかも凄く少ないです。

 

今、ブレーキをポンと踏みました。

 

ブレーキを踏み込んだ瞬間に分かったことは、四つのタイヤでちゃんと減速しているということですね。

 

前のめりになりがちなので、フロントタイヤだけでブレーキ性能を使うというイメージが結構あるかと思いますが、シエンタは違います。

 

リヤのブレーキをちゃんと使えていますから、リヤのタイヤもちゃんと減速に役立っているんです。

 

そのイメージがよく解ります。

 

やっぱり、こういうイメージは大事ですよね。

 

重たい物を乗せたりとかね、多くの人が乗った時とか、そういう時にブレーキが利かないと怖いなと思うので、そいうことに対してブレーキを踏んだ瞬間の安心感が全然違うなというイメージです。

 

 

今は、登って行きながら加速しています。

 

改めて確認すると、70km/h、80km/hに差し掛かろうとしていますが、車内の音は物凄く静かです。

 

エンジン回転がそこまで上がらないです。

 

結果的に2000rpm少しくらいでもどんどんスピードが上がって行きますし、その時のシエンタの車内に入ってくる音がやっぱり凄くコントロールされているというイメージです。